妊娠中の貧血対策

 

妊娠する前は、貧血になったことは一度もなく、どちらかというと身体は丈夫だという自信があるという女性でも、妊婦になってからは、頻繁に貧血になることがあるようです。

症状として座っていて立ち上がった時などに目の前が真っ白になり後ろに倒れそうになってしまう。

また、普通に歩いていてしゃがみこんでしまうことが何度もある。

こんな時は貧血ぎみかもしれません。

なので身体や赤ちゃんに問題があるのではと心配ですから、一度産婦人科で検査した方が良さそうです。

貧血ぎみだと診断されれば、食事で鉄分をとるようにすれば良いのですが。

ただ食事で摂取するとしてもレバーは元々臭みが苦手だったし、鉄分を多く含んでいるホウレンソウなども毎日食べるにしても限界があります。

そして悪阻などもありますからサプリメントでの摂取がおすすめです。

薬だとやはり妊婦ということで副作用があったら怖いですからね。

 

 

鉄分サプリ

 

そこで対策として、鉄分を多く含むサプリメントを毎日飲むようにし、ヨーグルトやプルーン、かんきつ類を食べると良いそうです。

貧血を改善するためには鉄分を摂取するだけでなく、一緒にビタミンCやたんぱく質を飲むと吸収しやすいです。

プルーンやかんきつ類はビタミンCが豊富だし、少し小腹がすいたときに食べやすいので常にストックしておくと良いです。

悪阻が結構長く続いたら、食事の時間になっても食べたくないときがやはりあるようです。

そこで食べられるときに栄養を摂取したいと考え、時間を決めずに食べたいときに食べるようにしてもいいかもしれません。

あまり考えすぎるのもよくないですから、妊婦の間は食事時間に柔軟性を持たせるようにしましょう。

便秘の方は改善の目的でヨーグルトなどを食べるといいです。

また、妊娠中の時は生理の時と同じように、便秘になりやすかったり下痢をしやすいという状況があるようです。

便秘になると身体が重くてしんどいし、下痢をすると血圧が下がって体に冷えを感じることが多いと思いますので、腸内環境を整えるためにヨーグルトは毎日欠かさずに食べると良いと思います。

便秘を改善できれば、冷えを感じることもなくなり、それが貧血対策につながっていきます。

 

 

出産後も必要なサプリ

 

鉄分や葉酸を含むサプリメントは妊娠中の時だけでなく、出産した後も飲み続けた方が良いとされます。

最近では「葉酸サプリ」これひとつで多くの栄養が摂取できるので楽です。

貧血対策には鉄分は当然ですが、葉酸やビタミンB12が一緒に入っているサプリがいいみたいです。

葉酸やビタミンB12を一緒に摂る事で吸収率がアップするそうですし、ビタミンB6はつわりに良いそうです。

これらの栄養素がしっかり入っているサプリを選ぶと良いです。

出産後は、母乳を赤ちゃんに与えることかなり疲労がたまってしまいますから、頭がふらふらになることが多いそうです。

だからこそ貧血対策として食事だけではどうしても不足してしまう鉄や葉酸はサプリメントで補うことが大切だと感じます。

何より赤ちゃんのためでもありますからね。